ff13-2

スクエニから発売のff13-2(ファイナルファンタジー13-2)の感想。
ff13シリーズもので2013年にはff13-3であるライトニングが主人公の
ゲームの発売予定が控えているタイトルである。

バトルが特徴なのが、ff13から継続しているデッキを組んで
攻撃や回復ができるシステムであろう。
ff13-2においてもそれほど変わりないシステムで遊べたので
だいぶとっつきやすくすんなりとプレイできたユーザーがきっと多いと
思えるがff13-3においても同じようなバトル形態になるものだと
PVや画像などから察しが付けれる。

ff13ではライトニングという元軍隊にいた女性が主人公で、
ff13-2ではライトニングの妹にあたるセラが主人公だった
いずれもff13に登場していたサブキャラクターも登場するので
ニヤリとする光景は何度かあったが、ファングやヴァニラは少ししか
登場しなかったためイマイチな部分もあるかもね。

それでエンディングでセラが亡くなったので、ff13-3からは再度ライトニング
が主人公のゲームになりそうだが、衣装をチェンジできたりと
少しオタ要素が含まれるゲームになった。

ff13-2にあるようなモンスターを仲間にできるシステムがあるのかどうかは
今のところ発表がないので分からないが、何にせよやり込み要素が
大変だとユーザーもアビリティ・継承でモンスター強化ができるとは
しらないでラスボスまで攻略してしまったというユーザーが多かったのが
少し残念に感じた。一応説明らしきことはあったが、分かりづらいかったというのが
一番の理由にあたるものだと予想している。

DLCではオメガや旧キャラクターが登場して楽しませていただいたが、
ギルガメッシュなど一部の強モンスターのみを強化していかないと攻略できない
ライトユーザーを放置した戦いでないと厳しいのが残念だったかな。
まあDLCが豊富なのは大変いいとは思います。
でも衣装系ばかりが配信されるとげんなりするものがありますね。
最近は無料でコスチュームを配信しているぐらいなのでどうかとも思う。

またオーパーツ関連が見つからず右往左往する方も少なからずいたようで
どこのオーパーツを入手したかなど分かり易く見れると良かったと毎度思う。
ヒストリアクロスのゲート開け・閉じも慣れるまでとっつきにくい点があるので
変化をあらかじめ分かるのならプレイしやすかったかもね。