テイルズオブエクシリア

バンダイナムコゲームスからテイルズの新シリーズであるテイルズオブエクシリアの感想。
長い事バンナムではテイルズシリーズのリメイク版ばかりをハードを変えて
販売しているため、なかなか新作が発売されないのが残念なことこのうえない話である。

DSに移植されては、今度はPSVitaに移植されるなどの状態で、
新作を作る気があるのか?という時代の中でテイルズ オブ エクシリアが発売されたので
テイルズファンからしても期待の新作ソフトとして当時は実に盛り上がったことか。

ゲームの操作に関しては今まで通りと一緒であり、RPGものでバトルはアクションゲームの
ようなボコボコアクションと言った方がわかりやすいだろうか。
コンボもスムーズに繋がり易いものがあるので、女性にも受けが良いのではないだろうか。
実際に旧ソフトのキャラクターも一部支持されているものがあるのかな。
テイルズのファンブックが本で発売されているぐらいだし、なかなか熱いものもある。

主人公はジュードとミラというキャラクターを選択して遊ぶことになる。
途中切り替えはできなかったけれど、2周目以降ではチェンジして別の視点で遊んでみるか!
など選択することができる。ジュードが本ストーリーということだけあって
ジュード・マティスから攻略される方も多かったが、初心者向けといえばやっぱミラ編である。
四大精霊がとくに強いのでひたすらゴリ押しで使いまくれば、初心者であろうとなんてこはない。
黄金魔剣士もそれで勝つことができるので、難しい操作がなくても倒せるのは
ライトユーザーにとってはありがたい仕様かもね。

仲間も一風変わった連中ばかりだが、仲間の交換もたやすくできたので
特にストレスを感じることはなかった。ただ闘技場などローエンでは少し難しい面もあったが
それを補う技もあるし、なんだかんだで何とか攻略できるようになっているのは
さすがバンナムと言ったところでしょうか。バトル難易度の調整の仕方がうまい。

ただサブイベントは時間制限があるものがあったので、それによってクリア不可になる
ものも数個あるのが残念だったかな。フラグがもともと分かりづらいという部分もあり
そのためにリーゼマクシアやエレンピオスをひたすら動きまわるハメにあったので
大変すぎという声も少なからずあった。
さらにはバグ情報などもありサブイベントが受けれなくなるなどがあったので
その辺りについてはパッチで解消されたのかどうか不明である。

なんにしてもボス戦でフォーブとか同じ敵と戦いすぎているという気もするので、
ボスキャラはどんどん増やして欲しいですね。
舞台はファンタジーを感じさせる要素があったので楽しめた。
評判は案外良くないようだが、でもテイルズの新作ではこれでも良いとは思うけどな。