スターウォーズ バトルフロントのベータ版

PC、PS4、Xbox Oneでプレイできたスターウォーズ バトルフロントの感想。
正確にはまだ製品版は発売されていないため、2015年10月8日に世界規模で開催された
オープン・ベータにおけるレビューです。
製品版では改良が加えられ、仕様が異なっている可能性もあります。

スターウオーズバトルフロントでは、映画スターウォーズの舞台をゲームに仕上げている。
開発はEAのDICEによるもので、今作では第3作目になります。
でもゲームタイトルはStar Wars Battlefrontと名付けらている。


検索で調べると第1作目の情報が出てきたりして何だか紛らわしいですね…
さすがに無いとは思うが、Star Wars Battlefrontを購入したら1作目だったらさすがにショックか。
ハードは新世代機で作られているので質感などはかなりリアルに仕上がっている。
縦マルチで販売しなくて良かったといえる内容かと思います。

プレイヤーは基本的にストーム・トルーパーや反乱軍の兵士となって、
ブラスターで撃ちあったり、補助武器となるスターカードを使用して戦うシューター系のゲーム。
カメラ視点は一人称と三人称の切り替えが用意にできることもあり、
アクションゲーム感覚でプレイできるのが特徴的でした。
そこにオンライン要素が加わっているので、最大40対戦ができるのが魅力的ですね。



スターウォーズバトルフロントのベータで体験プレイできたのは、
ゲームモードではシングルプレイが可能なミッションモードのサバイバル、
オンライン対戦が可能なマルチプレイヤーモードは
ウォーカー・アサルトとドロップ・ゾーンの2種類を遊ぶことができました。

ゲームモードは全部で14種類ほどあり、他のマップも用意されているので
極一部を体験できる内容でしたが、本格的にやり込めてプレイできる内容でした。


サバイバルでは、Waveごとに帝国軍が襲ってくるので全滅して生き残る内容。
一人プレイなので敵に挟まれたりなどして苦労する場面もありましたが、
地形をうまく利用して攻略する内容なのかと思います。
また定期的に仲間からのアイテムが詰まったポッドを回収しながら戦います。
一応、製品版では2Pで協力してクリアすることもできるのだとか。

ウォーカー・アサルトでは20vs20で、AT-ATの進行をとめるか、アップリンクでYウイングを
呼び出すかの争いだった。ただ帝国軍の戦闘力のほうが圧倒的だったので、
なかなか反乱軍同盟軍が勝利できる機会が少なかったのでバランス的には
果たしてどうかと思うところがありましたが、製品版では調節を加えると開発者が発言してた。

ドロップ・ゾーンは8vs8と少なめであるが、マップは小さく作ってあるので、
敵や味方が少なすぎるといった印象はなかった。
むしろ早い展開でドロップの回収争いになるモードで、そこが熱くなるゲームだ。
回収したドロップは時間まで防衛する必要もあるので、ここの駆け引きが重要ですね。


さらにスターウォーズ バトルフロント コンパニオンという、PCやスマホでプレイできる
アプリが用意され、製品版ではゲームと連動してプレイすることができるようでした。
こちのほうはスターカードとユニットカードを使用して戦略的に遊ぶことができる
ベースコマンドというミニゲームがあり、そちらを攻略することによりクレジットを稼げる内容。
クレジットの必要性は、ゲームにおける武器のアンロックに必要な要素となる。

全体的にスターカードビークルがあとどれくらい登場するのか不明だったが、
強いやつも登場するとなると、早めにランク上げしたもん勝ちなのかとも思えた。
マップにはパワーアップというアイテムが落ちているので、それを入手すれば若干有利になるし、
上級者とのテクニックを埋めるアイテムでもある。


武器に至ってはそこまで差を感じるほどの性能でもなかったので、
自分にあった武器を選択したらいいと思う。面倒なカスタマイズ要素までなかったので、
初心者でもすんなり遊べるのが良いかもしれない。

ヒーローもパワーアップを入手するかの如く、ヒーローピックアップを入手して変身し、
そしてマップを駆け巡る内容だったので、若干取り合いになるところもあったが、
ランダムで落ちているので運が良ければ入手できるシステムでした。
ただルークやダース・ベイダーになってヒャッホイできるのかと言われれば少し微妙かな。

全体的にスターウォーズ・シリーズの世界観を損なわないでゲームで体験できたのが大きい。
これまでにスターウォーズのゲームは発売されてきたけど、どれも微妙というか・・・
スターウォーズなんだけどちょっと違うような違和感を覚えていたので、
今作のスターウォーズバトルフロントの出来上がりの良さに感激したところがあった。