龍が如く維新!

ps3とps4の両バージョンでセガから発売された龍が如くシリーズの
最新作である龍が如く 維新の感想。
今作は龍が如くシリーズのスピンオフ作品であり、
幕末時代の京や土佐を舞台にして、新選組が絡んだ歴史物。
ジャンルはアクションゲームでいつもの龍が如くシリーズの操作で
どちらかといえば龍が如く見参!に近いシステムでした。

歴史作品ではあるが、実際の史実とは違っておりフィクションです。
所々セガ独自のストーリーになっているので、
歴史知らずな方でも普通に楽しめる内容になってます。


ストーリーは龍馬が江戸での剣術修行を終えて、
故郷である土佐へ帰ってくるところから始まる。
土佐では兄弟分の武市半平太、育ての親である吉田東洋らが龍馬を迎え、
土佐の上士制度を変えようとするべく土佐勤王党に参加する。

高知城で吉田東洋が覆面をした忍者のような敵に暗殺されてしまい、
独特な刀の構えを手掛かりにし、龍馬は京へ旅立ち
その覆面を探し出して復讐しようと新選組へ入隊する流れになる。
主人公は坂本龍馬であるが、新選組では斎藤一と偽名で名乗ってる。

メインストーリーのほかにも、ちょっとした小さいストーリーの
サブストーリーなどもあります。
こちらはメインストーリーとは別に存在する物語なので、
攻略したいときにやるようなものであり、クリアすると報酬などが貰えます。




龍が如く維新のバトルでは、型というもので分かれている。
素手で戦うスタイルの格闘の型、一刀流で戦う一刀の型
短銃で戦う短銃の型、刀と銃を持ち両方の武器を駆使して戦う乱舞の型がある。

いずれも特徴的なバトルスタイルであり、
数珠繋ぎにおかれている能力を開放して、新たなスキルや能力を上昇させる
システムになってます。自分の好きな型から解放できるのが魅力です。
他にも、どの型にも属さない特殊武器などもある。
こちらは初めに各バトルスタイルで能力強化をすると装備できるようになります。

武器、防具などは購入することもできるけど、基本的には鍛冶屋で作成できる。
店で購入するよりは鍛冶屋で作成した方が安上がりであるが、
鍛冶屋で必要な素材を入手する必要がでてきます。
鍛冶屋ではちょっとしたミニゲームを遊ぶ感じで能力強化や武具合成ができ、
成功に応じて能力上昇が異なります。


龍が如く維新で独自なのは、バトルダンジョンといういくつか用意されている
ステージを攻略しながら進む内容のアクションバトルがある。
シンプルな構造で5~8分程度でクリアできるような手軽さがあり、
そこで鍛冶屋で必要な素材を調達できるようになっている。
他には隊士カードが存在し、カードの能力を組み合わせて龍馬を強化したり
バトルの手助けをしてくれるので、初めのうちは何通りもある組み合わせが楽しめる。

アナザーライフでは、龍馬の別宅で遥と生活しながら
畑で作物を収穫する農業、収穫した作物などを素材にして作る料理
さらには遥に得た物を売りに行かせる行商などがある。
こちらはスローライフな雰囲気が楽しめるミニゲームで、
序盤のお金稼ぎなどはリスク無しで遊べるのでやり込み仕様になってます。
サブストーリーをクリアした際に犬・猫もここで飼うことができる。


龍が如くシリーズでもお馴染みのプレイスポットは今作でも健在です。
カラオケの歌声広場、龍馬がリズミカルに踊る日本舞踊
うどん屋で客の注文を聞いて適切なうどんを渡すうどん屋手伝い
キャバ仕様が新たにミニゲーム風になった揚屋~お座敷遊び~
ニワトリがレースをして着順を予想して当てる競鶏、川や海での釣りがある。

賭場関連は、
将棋麻雀こいこいおいちょかぶチンチロリン丁半ポーカーと豊富にある。
全部コンプリートしようとするとそれなりに時間がかかるので
ゲームボリュームはかなりのものとなっている。
メインストーリーの攻略の合間にプレイすると丁度いい感じでした。

賭場のミニゲームでは、龍が如く維新!無料アプリのPSVitaに対応した
ゲームがいくつかあり、そちらのほうでもプレイすることが可能です。
無料でダウンロードできるゲームなので太っ腹なところがある。
制限つきではるが、前述したバトルダンジョンと
アナザーライフもプレイすることができます。


全体的にみると今作のメインストーリーもそれほどボリュームは多くはないが、
ミニゲーム関連などを含めて遊ぶとそれないに遊べるゲームになってます。
無料アプリはタダで遊べ、その他にもPS3版では体験版も配信されているので
購入するかどうか迷っている方は一度プレイしてみるといい。

制限つきではあるが無料アプリだけでもかなりのところまでやり込めるようになってます。
さらにやり込んだデータはそのままps3、ps4版の龍が如く維新へ引き継いで
龍馬が強いまま、且つお金やアイテム・素材を引き継いでプレイできるので
やり込んだ分は無駄にならずにゲームを開始することができるのが特徴です。