真・女神転生4

アトラスから発売された真・女神転生4についてのレビュー。
今作のは真・女神転生3のマニアクスチームにより制作されたゲームです。
バトルもプレスターンバトルを継承しており、ニヤリ効果が追加され
よりスリリングな戦闘になりました。

真・女神転生4の主なストーリーとエンディングは、
ロウルートカオスルートニュートラルルートに分別され、選択肢を選んで
どのルートに進むかを選んで行くような流れになっている。
ロウは今の秩序を保つことを望んだ世界で、
カオスは力や実力がある者が上に立つ世界。
ニュートラルはその中立にある、みんなと共存した世界を目指すストーリー。

選択肢じたいはシンプルなもので、大まかにロウかカオスルートの流れの
選択肢なのだろうと予想しながら攻略しているような感じです。
ワルターやヨナタンの反応を見ると大方予想が付くようにはできている。
イザボーはニュートラル寄りのキャラです。


女神転生シリーズといえば悪魔合体がありますが、
こちらは今までと一緒で、悪魔×悪魔をかけあわせて新たな悪魔を作るシステム。
特殊合体など条件を踏んだうえで作れる仲魔もおり、
登場する悪魔は全部で400種類以上にもなっているようだ。

真・女神転生4は1個1個2身合体で作る流れではなく、
いくつかの作る方法をリスト化されたやつを選ぶようになっており
スキルや種族を指定して検索することも可能になっている。
もちろん合体事故による合体エラーも発生するようになっているので
そこから英傑や適当な悪魔が生まれることだってある。

バトルの醍醐味の一つでもある主人公や悪魔育成では、
メガテン3のようなスキルを継承させて自分だけのキャラを育成することが可能。
物理や魔法寄りのスキルで構築してみたりできる。
ウィスパーイベントも発生するので、よりスキル継承が楽になった要素もあるので
主人公のスキル選択なら用意にできるようになりました。


レベル上げに関してはそれほど難しくは無く、ストーリーを進行させていくだけで
後半頃になるとLv80以上ぐらいになってたりするので
Lv99にするまではそこまで苦労はしなかったです。
マッカ稼ぎが大変にも思えるがDLCコンテンツを利用してしまえば
すばやくマッカを大量に稼げるので、そこらの問題はクリアできるようになっている。
でも有料なのでお金を出してDLCを買う必要があります・・・

ストーリーの他にはチャレンジクエストなるものが用意されており
全部で100個少しほどあります。
こちらを全部攻略していくだけでも結構なボリュームになる。
1周目は割と時間がかかると思うが、クエストまでは引き継がないので周回プレイを
しながらクリアを目指す方法でもありでした。
でもマッカが足りなくなるので地道にチャレンジクエストを攻略しながらの方が
遊びやすくできているゲームだと感じました。

真・女神転生4の感想からいえば、携帯ゲームなので真3のような
3D戦闘で戦う真新しさは見えなかったが、メガテンやペルソナシリーズが好きな方なら
すんなり楽しめそうなソフトでした。
マップの通りが少し分かりづらいものもあるが、そこらは慣れで分かり易くなってくるかも?
ただクエストなどの場所名で言われると行先が不明になりやすいところもあった。